大阪で腕時計が買えて、修理、オーバーホールができる店舗まとめ

大阪の時計店。マイウォッチの購入と修理

スポンサーリンク



大阪府大阪市

大阪府大阪市にある時計・宝石ナガヨシの情報

投稿日:

施設名:時計・宝石ナガヨシ(とけい・ほうせきながよし)

郵便番号:536-0022

所在地:大阪府大阪市城東区永田4丁目10−11

電話番号:06-6961-0116

【時計のえらびかた】

ひとは「時」と共有し生きています。あさに起きて、天気予報を見て、schoolやCompanyへ行き、お昼ごはんをとり、午下も踏ん張って、帰宅して、プライベートひとときを過ごし、たまには彼女とDateしたり・・・。

時間といっしょに生活をしています。

私達が時間をしろうとすると必要なのは「ウォッチ」。ウォッチが無いと、『現在が何時なのか』を知ることは絶対にできません。

たとえば、鉄道やバスをお待ちするときに:待つときに、かならずウォッチで時間を確認しますし、毎日の予定をたしかめるにも、時計を必ずや凝視していると思います。

現在を知るのに重宝する「時計」なのだが、一口に「時計」と言ってもその種類はたくさんあります。

腕時計、懐中時計、掛け時計、目ざまし時計・・・実力は機械式、クォーツ・・・、素材は?Beltは?かたちは???

ただでさえ値はやすいとは言えない時計。そして今の時刻をおしえる、あなたの頼もしいパートナーになる時計。

生活には、クロックは必需品です。

時計選びはある意味一生をともにする「結婚」ににているのかもしれない。

【Movementとは?】

ムーブメントは「クォーツ式」「機械式」とおおよそ2つに分かれています。
その中でも「機械式」は「手巻き式」と「自動巻き」があります。

タイプも、デザインも、とてもあるウォッチ。しかしながら、自身の使い勝手の良いMovementを取捨選択したら良いと思う。

Movementの意味は「時計」の動作機構など運動する機構、機構の運動部分のことを指します。

【クォーツ:クォーツ]式ムーブメントについて】

クォーツとは、電池を動力として動く時計のことです。

1秒間に数万回の振動数を叩きだす水晶振動をもちいています。

千九百六十九年世界初のクォーツ(水晶)式腕時計「セイコー・アストロン」という時計を世に出しました。今では全世界で当たり前のようにクォーツ式時計が使われています。

■クォーツ時計の便利なところ

たとえば、出かけるときに腕時計を忘れた!

家に帰ったら、腕時計の針をかくにんすると、とまらずにうごいていることが分かります。

「何もしなくても、止まらない。」

とまることなく、終始時間を刻んでくれるのがクォーツ時計の良いところです。

クォーツ式時計は1本はもっておくと本当に便利です。

■クォーツ時計が不便なところ

いつでも針を刻みつづけているのですから、電池が消耗してしまいます。電池がエネルギー切れならば、電池交換をしなければ、時計はうごきだしません。

「時計屋にもっていくのは面倒くさいから、自身で電池交換がしたい」

そのような意見を聞きますが、電池交換には、専用のツールがひつようなんですが、電池の液漏れなどの危険もあります。

しかも、自分で電池交換をすると、メーカー保証対象外になってしまうこともあるので、

時計販売店にて電池交換することがおススメです。

【自動巻きムーブメントについて】

自動巻きとは、腕時計を装着したときに腕の動きに合わせてMovementに内蔵されているローターが回転し、これが歯車類に伝えることでぜんまいが自動的に巻き上げられうごく仕掛けのことをいいます。

主にローター、切り替え車、伝え車、減速車、減速中間車、各穴車・香箱真、ゼンマイの順番に力伝達しています。

文字盤や裏蓋などに「Automatic(オートマティック)」と書かれています。

■自動巻き時計が便利なところ

最大の利点は、なんといっても

「電池交換の必要ががない」ということです。

それは、最大のエコロジカルですね。

めんどくさい電池交換の手間がなく、電池切れなど起こすことはない。

手巻きと違って、腕でゼンマイを巻かなくても、腕に装着するとまいていくので、労働でウォッチを着用する方や毎日つける者にはモーマンタイ時計です。

■自動巻き時計が不便なところ

自動巻き腕時計は、着用していて初めてチカラがでます。

動かす腕の動作に合わせて自然と時計が振られるのです。

ですので、装備しないとき、はずしている時は、針は止まってしまいます。

とまってしまった時はリューズをまわしてゼンマイを巻いてあげなければいけません。

また、強力な磁気のあるモノにちかづいてはいけません。

磁気に接近させて、ただしく動作をしなくなると、磁気抜き修理に出さなければいけません。

強い衝撃や振動によって、故障してしまう事例もあります。

日常生活で使用するときはもんだいありませんがが、激しい運動、運動競技をするときは、時計を外しておく方がよいでしょう。

【手巻き式ムーブメントについて】

ウォッチを動かす動力であるゼンマイを手で巻き上げる機構をもったムーブメントは、回転錘(ローターという)を組み込むひつようがない、うすい機械式時計です。

腕時計もそうですが、よく懐中時計で多い機械式ムーブメントが「手巻き」です。自動巻きのように腕に装着できない懐中時計は「クォーツ」か「手巻き式」が多いです。

■手巻き時計が便利なところ

以前に述べたとおり、回転錘がないため、うすいのが特徴です。

ローターがないため、衝撃に強いです。

自動巻き時計と同じ理由ですが、

「電池交換の必要がない」。

手巻き式もすごいエコです。

時計屋さんへ、電池交換に行く手間が省け、もちろん電池切れもなし。

また、毎日決まった時間にまいてあげることによって、電池式にはないかわいさが持てることもあります。

■手巻き時計が不便な思うところ

自動的にゼンマイを巻き上げる回転錘がないため、自分で巻かないと止まってしまう。

ゼンマイがほどけるにつれて、精度が狂いやすくなるため、自動巻きほど正確ではありません。

1日1回、毎日決まった時間に巻くべきです。

「ゼンマイをどこまで巻ききったらいいのか?」

そのような疑問をよく聞きますが、

力いっぱい巻けばいい、と言うわけではなく、

ぎりぎりまで巻かずに、ほんのすこし余力を残しておくと機械が傷みにくく、精度も高まります。

前回巻いてから、どれだけで時計がとまるかしりたいなら、「パワーリザーブ・インジケーター」という機構をそなえた時計をてにいれるのもいいだろう。

機械式時計は私がめんどうを見てあげないと、時を刻むことをやめてしまい巻いてあげないといけません。
ある意味子供みたいなかわいらしい存在ですね。
生涯のパートナーのように、優しく優しくひろい心であつかってあげてください。

クォーツは時が止まることがヤな人やめんどくさいな者にお勧めです。

腕時計を毎日装備できない方にはクォーツはおすすめです。

【時計が止まる原因は?】

■原因1:歯車のトラブル
電池式、機械式、ソーラー式いずれにもあるものは『歯車』です。

ウォッチの内部には小さな『歯車』と『歯車』がいくつも重なり合っていたのだ。

もしも、歯車と歯車の間に小石が挟まったら・・・

歯車は動かなくなってしまいます。

もしも、歯車の「歯」の一部分が欠けてすかすかになったら・・・

歯と歯がかみあわず、動力を針につたえることできなくなります。

上記の事案は実際にある症例です。時計がうごかなくなったら、時が狂ったりする原因となります。

「歯車と歯車の間に小石が挟まるなんてあるの?」

腕時計の歯車は、1円玉よりちっさいです。

それなのに、小石がはさまるん:?

ふつうに使用していれば、まずありえません。

小石がはいっちゃうスキマなどないからです。

小石ではないのなら、どのような物が歯車に挟まってしまうのでしょうか?

歯車の障害となる例
●ホコリのかたまり
●歯車が擦れて生じる微量の金属片
●水が入ったことによるサビの塊
●電池の液漏れによる汚れの塊

このような、小さな小さな障害物が要因で歯車の動きをせきとめてしまうのです。

また、歯車の歯が欠けたことでウォッチの針が動作をやめたり、時間が狂ったりします。

歯車と歯車の接触や衝撃、金属疲労などが要因で歯車の「歯」が欠ける時があります。

歯車たちが噛み合うことで、だんだん金属はけずれていきます。これを「摩耗する」と言います。

その結果、歯車がかみあわなくなり、時間がくるう起因になるのです。

■原因2:潤滑油が固まっている

歯車故障に近い内容ですが、ウォッチが止まる原因にオイルの劣化があります。

時計の機械は精密な歯車で構成されていますが、歯車が刺さっているほぞ穴に注入されている潤滑油(オイル)が劣化することで、少しずつとうごきをノロノロと、最後にとまってしまう。

「どうして油が固まるん?」

歯車がかみあう事で、1つまみの金属片や金属粉が生じます。この金属粉とオイルが混ざりあい、放置することによって凝固してきます。

解決策は分解掃除をし、古いオイルをきれいににあらい、新しい潤滑油を注油することで再びなめらかに動き出します。

■原因3:針がひっかかっている

秒針はうごくのに時針、長針がうごかないといった場合、時計の長針と時針の引っかかりが原因で、時計がただしく作動しないことがあります。

例をだすと、時計をおとしてしまったり、

強い衝撃を与えた後は針が外れたりズレていないか確認してみましょう。

腕時計の文字盤を見てください。

針は、ずれていませんか?

パーツがとれてはさまっていませんか?

【原因】
●針と針が重なり合って引っかかる
●針が文字盤のパーツに当たっている
●針がはずれかけている

時計店に行って、みてもらってください。

■原因4:電池が切れている

腕時計が止まった場合、だいたいが電池切れなことが多いです。

腕時計には、ボタン電池がはいってるが、電池の期限はおおよそ2年です。

電池がどれくらいのこっているか調査するには、「テスター」を使用すると分かります。

「ウォッチは購入後、すぐに電池が切れることもあるの?」

あるヨ。

たとえば、時計店で購入して、三日しか経っていない時計だとしても、

「製造」→「仕入れ」→「店頭にて販売」

という行程を得て、店舗に並びます。

かったのが3日前だとしても、その時計が創造されてから2年以上たっていたのかもしれません。

時計店にて電池交換をして様子を見てみましょう。

【原因5:充電されていない】
これは、ソーラー時計にのみ当てはまります。

充電切れによるとまりです。

ソーラー時計は、ダイヤル面に受けた日差しを電気ちからに換えて針がうごく時計です。

太陽光だけでなく、蛍光灯など、家の中の光でも充電は可能ですが、

室内の照明弱いため、長時間要します。

雲のない日は、日光がさしこむ窓辺で、ダイヤルを太陽の方へ向けて置きましょう。

「腕に着けておけば散歩しながら充電できて一石二鳥じゃん!」

かならずしも、そうはなりません。

一例を出すと、セーターなどの長袖を着用していると、衣服で影ができて、

腕時計に日が差さりにくくなってしまいます。

時計に太陽光が当たっいても時計がうごかないばあいは、分解掃除や蓄電池の交換が必要となる場合があります。

最寄りの時計店に相談しましょう。

-大阪府大阪市
-,

Copyright© 大阪の時計店。マイウォッチの購入と修理 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.