広島県で購入、修理、オーバーフローできる時計店

広島時計店

広島県府中市

広島県府中市にあるフジワラメガネ宝石店の情報

投稿日:

施設名:フジワラメガネ宝石店(ふじわらめがねほうせきてん)

郵便番号:726-0005

所在地:広島県府中市府中町171−7

電話番号:0847-41-5082

【時計の選び方】

人間は「時」と持ちあい生きています。早朝に起きて、天気予報を見て、学院やカイシャへ行って、昼食を食べて、午後もふんばって、帰宅して、個人的ひと時を過ごし、時々彼女とDateしたり・・・。

Timeとともに生活をしています。

おれたちがTimeを知ろうとすると重要なのは「ウォッチ」。ウォッチがないと、『いまがいつなのか』を知ることは絶対に出来ません。

たとえば、電車やバスを待つときに:待つときに、絶対時計で時間を確認しますし、その日の予定を確かめるにも、ウォッチを正しくみていると思います。

今現在を知るのに役立つ「時計」っすが、ひとことで「時計」と言ってもその種類は多いです。

腕時計、懐中時計、掛け時計、目ざまし時計・・・実力は機械式、クォーツ・・・、素材は?Beltは?かたちは???

絶対にやすいとは言えない時計。それでもいまの時刻を伝えてる、あなたの頼もしい相棒になる時計。

生活には、時計は必要です。

ウォッチ選びはある意味一生を共にする「結婚」に似ているのかもしれません。

【Movementとは?】

Movementは「クォーツ式」「機械式」とだいたい2つに分かれます。
その中でも「機械式」は「手巻き式」と「自動巻き」があります。

種類も、ディザインも、とてもあるウォッチ。しかし、自身の使い勝手の良いMovementを選択しよう。

Movementの意味は「クロック」の動作機構など作動する機械、機械の運動部分のことを指します。

【クォーツ:クォーツ]式ムーブメントについて】

クォーツとは、でんちを運動エネルギーとして動くウォッチのことです。

1秒間に数万回の振動数を叩き出す水晶振動を採用しています。

千九百六十九年世界初のクォーツ(水晶)式腕時計「セイコー・アストロン」という製品を発売。現在では世界中で言わずと知れてクォーツ式クロックがつかわれている。

■クォーツ時計の便利なところ

たとえば、外出するときに腕時計を忘れた!

家にかえったら、腕時計の針をかくにんすると、やすまずに動いていることが分かります。

「何もしなくても、止まらない。」

停止することなく、たえまなく時を刻んでくれるのがクォーツ時計の良いところです。

クォーツ式時計は1本は装着しておくと本当に便利です。

■クォーツ時計が不便なところ

いつも針を刻み続けているから、電池がすりへっていきます。電池がなくなれば、電池交換をしなければ、クロックは動作開始しません。

「時計屋さんにみてもらうのは面倒くさいから、俺が電池交換がしたい」

このような意見を聞きますが、電池交換には、専用の道具がひつようですし、電池の液漏れなどの危険もあります。

そして、自分で電池交換をすると、メーカー保証対象外になってしまうこともあるので、

時計屋さんにて電池交換することがお勧めです。

【自動巻きムーブメントについて】

自動巻きとは、腕時計を装備したときに腕の動きに合わせてムーブメントにはいっている回転錘が回転し、これが歯車類に伝達することでぜんまいが自動で巻き上げられ動く仕組みのことをいいます。

主にローター、切り替え車、伝え車、減速車、減速中間車、各穴車・香箱真、ゼンマイの順に動力伝えています。

文字盤や裏蓋などに「Automatic(オートマティック)」と書かれています。

■自動巻き時計が便利なところ

もっともな利点は、なんといっても

「電池交換の必要ががない」ということです。

これは、一番のエコロジカルですね。

面倒な電池交換の手間がなく、電池切れなど起こすことはない。

手巻きとちがって、自分の腕でゼンマイを巻かなくても、腕に着用しているとまかれるので、労働でウォッチを装備する方や日々着用する方にはモーマンタイウォッチです。

■自動巻き時計が不便なところ

自動巻き腕時計は、装備していてはじめて真価が発揮されます。

動かす腕の動作に合わせて自然とウォッチが振られるのです。

だから、装着しない時、はずしているときは、針は止まってしまいます。

止まった場合はリューズをまわしてゼンマイを巻いてあげなければいけません。

また、強力な磁気のあるものにちかづいてはいけません。

磁気に近づけて、正常に止まると、磁気抜き修理に出さなければいけません。

つよい衝撃や振動によって、故障してしまう事例もあります。

日常生活で活用するときはモーマンタイですがが、激しい運動、スポーツをするときは、時計を外しておく方がよいでしょう。

【手巻き式ムーブメントについて】

時計を動かす動力であるゼンマイを手動で巻き上げる機構をもったMovementは、回転錘(ローターという)を組み込むひつようがない、薄い機械式時計です。

腕時計もそうですが、よく懐中時計で多い機械式ムーブメントが「手巻き」です。自動巻きのように腕に装備できない懐中時計は「クォーツ」か「手巻き式」が多いです。

■手巻き時計が便利なところ

さきに述べたとおり、回転錘がないため、ぺらいのが特徴です。

ローターがないため、振動に強いです。

自動巻き時計と同じ理由ですが、

「電池交換の必要がない」。

手巻き式もワンダフルなエコです。

時計屋さんへ、電池交換にいく手間がなく、もちろん電池切れもない。

また、日々決まった時間にまいてあげることによって、電池式にはないラヴが持てることもあります。

■手巻き時計が不便な思うところ

自動的にゼンマイを巻き上げる回転錘がないため、自身で巻かないととまってしまう。

ゼンマイがほどけるにつれて、精度が狂いやすくなるため、自動巻きほど正確ではありません。

一日1回、毎日決まった時間に巻くべきです。

「ゼンマイをどこまで巻ききったらいいのか?」

あのような疑問をよく聞きますが、

力いっぱい巻けばいい、と言うわけではなく、

限界まで巻かないで、ちょっくら余力を残しておくと機械が傷みにくく、精度もアップします。

前回巻いてから、いくばくで時計が停止するか知りたいのなら、「パワーリザーブ・インジケーター」という機構を保持した時計を収得するのもいいだろう。

機械式時計は私がめんどうを見てあげないと、時を刻むことをやめてしまい巻いてあげないといけません。
ある意味わが子みたいな愛しい存在ですね。
生涯のパートナーのように、優しく優しくおおきな心であつかってください。

クォーツは時が止まることがいやな人やめんどうな者におすすめです。

腕時計を毎日装備できない者にはクォーツはオススメです。

【時計が止まる原因は?】

■原因1:歯車の障害
電池式、機械式、ソーラー式いずれにもあるものは『歯車』です。

時計の内部にはちいさな『歯車』と『歯車』が複数重なり合っているのです。

もしも、歯車と歯車の間に小石が挟まったら・・・

歯車はうごくことができなくなってしまいます。

もしも、歯車の「歯」の部分が欠けて隙間だらけになったら・・・

歯と歯が噛み合わず、動力を針に伝達することできなくなります。

上記の事例は実際にある事例です。時計が止まったら、時が狂ったりする原因となります。

「歯車と歯車の間に小石がはさまるなんてありえるの?」

腕時計の歯車は、1円玉よりちいさいです。

それなのに、小石が挟まるん:?

普通に使用していれば、まずありえません。

小石がはいりこめるすきまなどないからです。

小石ではないのなら、どのようなのが歯車に挟まってしまうのでしょうか?

歯車の障害となる例
●ホコリのかたまり
●歯車が擦れて生じる微量の金属片
●水が入ったことによるサビの塊
●電池の液漏れによる汚れの塊

ご覧のように、ちいさなちいさな障害物が原因で歯車の動きを停止させてしまうのです。

また、歯車の歯が欠けたことによりウォッチの針が止まってしまったり、時間が狂ったりします。

歯車と歯車の接触や衝撃、金属疲労などがきっかけで歯車の「歯」が欠ける時があります。

歯車どうしが噛みあうことにより、段々金属は減っていきます。これを「摩耗する」と言います。

そうしたら、歯車がかみ合わなくなり、時間が狂うきっかけになるのです。

■原因2:潤滑油が固まっている

歯車障害に近い内容ですが、時計が停止してしまう起因に潤滑油の劣化があります。

ウォッチの機械は細密な歯車で構成されていますが、歯車が刺さっているほぞ穴に注入されている潤滑油(オイル)が劣化することで、段々とと動作をにぶくし、最後に停止してしまいます。

「どうして潤滑油がかたまるの?」

歯車がかみ合う事で、ひとつまみの金属片や金属粉が生じます。この金属粉と油がまざりあい、放置することによって凝固してきます。

解決策は分解掃除をし、古い潤滑油をていねいにに洗って、新しい油を注油することで再度すべらかに動作を始めます。

■原因3:針がひっかかっている

秒針は作動するのに時針、長針が動作しないといった場合、時計の分針と短針の引っかかりが原因で、時計が正確にうごかないことがあります。

一例をだすと、時計をおとしたり、

強い衝撃を与えた後は針が外れたりズレていないか確認してみて下さい。

腕時計の文字盤を見てください。

針は、ずれていませんか?

パーツが取れて挟まっていませんか?

【原因】
●針どうしがかさなりあって引っかかる
●針が文字盤の部品に当たっている
●針がはずれかけている

時計店に行って、見てもらってください。

■原因4:電池がない

腕時計がとまったら、だいたいが電池切れなことがほとんどです。

腕時計には、ボタン電池が入っているが、電池のつかいきるまではおよそ2年です。

電池がどれくらいパワーがのこっているのか調べるには、「テスター」を利用すると分かります。

「ウォッチは購入した後、すぐに電池が切れることもあるの?」

あるヨ。

一例を出すと、時計店で購入して、3日しかたっていない時計だとしても、

「製造」→「仕入れ」→「店頭にて販売」

という行程を得て、販売店に並びます。

かったのが3日前だとしても、そのウォッチがうみだしてから二年以上経過していたのかもしれません。

時計店にて電池交換をして様子を見てみましょう。

【原因5:充電されていない】
これは、ソーラー時計にのみ当てはまります。

充電切れによるとまりです。

ソーラー時計は、ダイヤル面に受けた日差しを電気エネルギーに換えて針がうごくウォッチです。

太陽光だけでなく、蛍光灯など、家のなかの光でも充電はできるが、

部屋の明かり非常に弱いため、長い間要します。

雲一つない日は、日差しが差す窓辺で、ダイヤルを太陽の方へ向けて置きましょう。

「腕に着けておけば散歩しながら充電できて一石二鳥じゃん!」

かならずしも、そうはなりません。

一例をだすと、セーターなどの長袖を着用していたら、衣服で影ができて、

腕時計に日が差さりにくくなってしまいます。

時計に太陽光が当たっいても時計が動きださないは、分解掃除や蓄電池の交換が必要となる場合があります。

最寄りの時計店に相談しましょう。

-広島県府中市
-,

Copyright© 広島時計店 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.