全国の消費者金融をまとめています

急いでいるんだ! お金を貸してくれる消費者金融


堺市 大阪府

大阪府堺市にある有限会社アイサポートセンターの情報

投稿日:

◆消費者金融情報

有限会社アイサポートセンター

大阪府堺市堺区新町5-32-204
()

TEL (代) 072-229-6207

消費者金融の構造について知ろう
消費者金融は、たいていの消費者を対象に貸出し、金額に合った「利息」を得て経営している貸金業のコーポレーションです。貸金業は、賃金業法第3条に基づいて内閣総理大臣、または大阪府知事に登録した上で経営を成すことができます。もしも登録していないのに貸金業務を行った場合、違法となり刑罰を受ける対象となります。

貸金業法に基づいて登録している消費者金融の会社であるかをリサーチには、登録したときに発行される登録番号を確認するという方法があります。金融庁の公式ウェブサイトにある登録貸金業者情報検索を使用して、登録番号を含む必要な情報を打ちこみすればリサーチ出来るよ。

たいていの消費者が消費者金融に貸出を希望するときは、検証を通過するひつようがあります。銀行などの金融機関でも貸し出を受けるための審査があり、きつい内容となっていますが、消費者金融の検証内容は簡素化されており、検証内容の条件に満たしていれば誰でも融資を受けられます。また、消費者金融の店に行かなくても、無人契約機やホームページで申請して検証を受けることが出来る。

銀行などの金融機関では貸し出する銭の使いみちが問われます。しかし、消費者金融の審査では、貸しするマネーの使用法に対するアンサーがどのようなものであったとしても審査にほとんど影響がありません。だけど、ギャンブルなどをわけに貸与を志望した場合は、査定を通り抜けることが難しくなります。また、銀行などの金融機関で融資を希望する時、担保や保証人などがひつようだ。しかし、消費者金融だと担保や保証人が不要です。ただし、金利がなかなか高めに設定されており、借入限度額も少なくに設定されている。

消費者金融を利用する際は、信用情報機関に登録されます。信用情報機関には、登録された消費者のローンなどの過去に借り入れした情報が記録されています。万が一、返済を滞ってしまうと信用情報に記録されて今以降の金融商品の使用が厳しくなります。

状況が大きく変化している業界
従来の消費者金融の業界には、グレーゾーン金利が存在していた。たかい金利に設定していたり、過度な取り立てをされたりと社会問題に超過する。しかし、2010年6月に改正貸金業法が施行され、貸金業の法設備が進みました。その結果、利息制限法の上限金利が無効となり、法定金利を超過する金利で契約したときは刑罰の対象になるようになりました。また、でたらめなmoneyの貸付を抑えるために住宅ローンを除いた総借入残高が年収の三分の一を越えてしまう利用者への貸付が禁止となる総量規制や、返済能力を調査する義務などが消費者金融に課されるようになりました。

なので、現在消費者金融からお金を借入する場合は、借入限度額が100万円未満だと金利が18%、100万円以上だと金利が15%の上限金利が基本だ。
また、現代の消費者金融には、低金利で借り入れできる会社もふえています。できるだけ金利の負担を抑制したいと想っているのなら、消費者金融の利息について確認しましょう。

急出費などでおかねに困ったときは、消費者金融を活用すると解決するので重宝です。しかし、消費者金融の金利などの構造について知らずに使用すると、返済が困難になったりするなどの問題が起こる可能性があります。そのため、消費者金融のことを把握し、計画的な利用で返済を滞らないようにするのだ。

学生ローン
学生は社会人のような安定した収入があるわけではないため、銀行などから貸与を受けることは難しいといえます。しかし、学生だとしてもよりどりみどりな理由からお金が入り用になるケースはあるため、銭を借りたいと希望することがあります。そういうときに活用できるのが、学生ローンです。

学生ローンとは
学生ローンはそのコトバのとおり、学生を対象として個人向けの金融商品です。学生を対象にしているとはいっても、前提として20歳以上の年齢制限があるのだ。自身が専門学生や大学生、短大生であり、安定した実入りがあれば申し込みを行うことができます。
学生ローンでの「安定した収入」はローンを供給している企業組織によっても基準が違うが、基本的には同じしごと場で定期的にバイトをしていれば問題ないとかんがえる。学生ローンは学生を対象とするので、学生であるという証明が必要なのです。

学生ローンの活用法
学生だったとしても、moneyが必要になるケースはいろいろです。例を挙げれば、以下のようなケースで学生ローンが利用されています。

学費や教科書代など勉学に関連する費用
学生ならではの費用の本旨として、学費や教科書代など勉学に関係する費用があげられる。「学費として支払う分がちょっと足りない」「生活費に使ったために教科書代が消えた」「資格を取得するための講座を受講したい」など、多くの場合がかんがえられます。そういった場面で、学生ローンは有効に活用できます。

就職活動のための費用
就職活動は、驚くことに銭がかかるのだ。会社組織までの交通費やスーツ・カバンといった身嗜みに関する費用など、就職活動が1年以上もかかればそれだけ費用も消費する。そうした費用を保持するためにも、学生ローンが活用されています。

生活費
一般的なカードローンなどと同じく、生活費のために学生ローンを活用する場合もある。学校に通うにあたって1人暮らしをしている人も珍しくなく、このような学生は労働をしながら生活費のやりくりをしなければなりません。普段は問題なく過ごせていても、急な出費などで一時的に生活費が足りなくなることがあるため、こういった場合に学生ローンが利用できます。

この他にも、免許を習得するための費用や留学のための頭金、友達との旅行資金など、様々な事例で学生ローンが活用されています。

学生ローンの魅力
学生ローンの魅力の1つは、収入に拠る審査の基準が一般的なカードローンなどに比較するとゆるゆるということなんです。どういう金融商品だったとしても安定収入がはいっているが条件となっていますが、学生ローンの場合は学生を対象としていることから安定収入の基準が低くなっている。一般的なカードローンなどでは「週五日フルタイムで働いている」などが基本となるが、学生ローンでは週に二日、三日などでも継続して同じ場所でアルバイトをやっているのなら融資を受けられる可能性が高いといえます。

普通に低金利とは、上限金利が低いものを言います。銀行系のカードローンの上限金利は13%から18%くらい、消費者金融系のカードローンの上限金利は17%~18%くらいです。

学生ローンは高価な融資に対応していませんが、学生であれば担保も保証人も不必要な使いやすい金融商品です。急な支出などで困っている学生の方は、一度熟思してみてはいかがでしょうか。

事業者ローン
中小企業の経営者や個人事業主には、資金繰りは頭を悩ませる問題だと感じます。どうしてもお金が無いという時には、銀行に融資をおねがいすることもある。けれども、融資を受けるためにはきびしい審査をパスする必要があり、ある程度審査にパスしないこともあるかもしれません。カードローンやキャッシングを活用しようとかんがえることもありますが、実の所大衆的なカードローンやキャッシングは事業目的で使用することはできません。
そんなとき活用できるのが、事業者ローン(ビジネスローン)と呼ばれる商品です。

事業者ローンとは
一般的に、カードローンやキャッシングというモノは個人向けに展開されている金融商品です。これらは扱い方が自由なフリーローンですが、いくつかの取りあつかい方での利用方法だけは禁止されています。その禁止されている取りあつかいの中に、事業目的が含まれているのです。
こうした個人向けの金融商品に対して、事業者ローンは文字通り事業者向けの金融商品です。銀行などの公的融資に比べて審査が早く、また比較的通りやすいといわれています。無担保で利用でき、第三者の連帯保証人が必要ないことから利用しやすいともいえます。

事業者ローンの大きな特色は、個人向けのカードローンやキャッシングなどに比較して高額の借入れができるということです。事業者ローンの場合、500000円から一億円まで、商議に応じてそれ以上の融資も可能となっています。ただし、融資額は審査によって判定されるため、必ず上限額の融資ができるわけではありません。
また、高額融資のときには「総量規制が適用されるのではないか」という意見もありますが、実は事業者ローンでは総量規制の適用外となる事例があります。その条件は、「個人事業主」「確定申告書の提出」「事業計画書・資金計画書の提出」の3つです。企業などを経営しているときには総量規制が適用されるため、年収の0.333333333までの融資となります。
もうひとつ、上述したように審査が早いというのも特徴のひとつです。これには、審査方法が大きく関係しています。ビジネスローンでは融資の採否をジャッジするときに、スコアリングという審査方法が使わされています。スコアリングとは申請者が差しだしたドキュメントに記載されている多くのDataをコンピュータに入力し、項目毎に点数をくわえることで機械的に融資の鑑定を実行するという方法です。コンピューターによって高速で処理できるため、素早い審査が可能となっています。

事業者ローンの使い方
事業者ローンは公的融資にくらべて審査が早く、割に合格しやすいことからすぐに金銭がひつような事業者にとって使用しやすい資金調達法であるとのです。しかし、ビジネスローンは公的融資に比べて金利が高い傾向にあるため、長期的に借り入れるのにはとくに適さないといえます。そうしたことから、事業者ローンには以下のような利用法が想像できる。

催しに合わせて立ち上げる会社や法人
大規模な催事を行う時、その運営のためのみに会社や法人を立ち上げる事例はちょっとやそっとではない。そんな会社や法人の運転資金として一時的に資金がひつような場合、審査基準があまり比較的優しく、にも関わらずスピーディに審査できる事業者ローンは活用しやすいと言える。

コネクタ資金として
例を挙げれば今の契約が終了し、2回目の契約までにちょびっと期間がある場合。その時、次の契約までのつなぎ資金があれば問題はなく、その後の返済も余裕をもって出来ます。こうしたコネクタ資金として活用する場合にも、事業者ローンは効果的であるといえます。

「公的融資では審査に通らないのか…」「ただちにお金が必要だ」といった時には、事業者ローンを活用することで窮地を凌ぐことができるかもしれません。資金調達に難航している事業者の方は、1度事業者ローンを検討してみてはいかがでしょうか。

不動産担保ローン
普通のカードローンでの上限額は、銀行系で最大1,000万円程度、消費者金融系では最大数百万円程度です。しかし、そのなかにはそれ以上の金額が必要となるケースがあり、また消費者金融系であれば総量規制の問題から上限額まで借りることができないこともある。そんなときに利用できるのが、不動産担保ローンです。条件にもよりますが、不動産担保ローンでは高いマネーのの融資を受けることができ、総量規制の対象外となることもあります。

不動産担保ローンとは
不動産担保ローンは、宅や区画といった不動産を担保にしてお金を借りることができる金融商品です。ふつうのカードローンは申し込み者の収入や勤続年数、雇用形態、勤め先などから返済能力を想定し、その信用度にもとづいて融資の可否や金額を判定します。これに対して不動産担保ローンの場合、担保にした不動産の価値も信用度に加えられます。

不動産担保ローンの大きな特徴は、融資限度額が通常のカードローンにくらべ大きく設定されていると言うことだ。

不動産担保ローンの使い方
不動産担保ローンは高いマネーの融資がかのうであることから、通常のカードローンの融資上限額ではすくないような事例で活用されます。例えば、以下のような事例が考えられる。

自宅の広範囲なリフォーム
自宅をとてもでっかいにリフォームしようとしたとき、おおきさによっては費用がかさみます。こういった場合、積金や一般のカードローンでは支払いをまかないきれないことも十分に想像できます。担保として活用できる不動産があるとき、不動産担保ローンを利用することでリフォームに十分な代金を調達することができます。

私立医大など高額な学費を必要とする場合
大学の中には、学費が非常に高額となる所もあります。その最たる場所が私立医大で、六年間の学費の合計が3千万円~4千万円程度になることもあります。こうした学費が高額大学に子どもが入学する時、不動産担保ローンを利用して学費を調達する事例があります。

おまとめローンとして
不動産担保ローンは、記載したように金利が低く限度額がおおきい金融商品です。そのため、複数の借り入れを一本化するおまとめローンとしても利用することができます。返済期間も長期間設定されていることが多いため、無理なく返済することができます。

遊休地を活用した資金確保
はじまりでも触れたように、不動産担保ローンでは条件によっては総量規制の対象外となることがあります。その条件とは、今住み家としているしている住宅以外を担保とした場合です。すみかを担保にすると万一の際に住む場所を消失することになるため、自宅
を担保とした場合は総量規制の範囲での融資となります。

自宅以外を担保とした場合、総量規制の範囲のそととなることから年収の0.333333333を超える融資を受けることができます。そこでおすすめなのが、遊休地を活用した資金確保です。遊休地とは、どのような用途でも活用されていない土地のことです。遊休地は自宅ではないため、総量規制の対象にはなりません。特に活用していないことから、担保にしてそれほど困ることもありません。こうした遊休地を所有しているなら、不動産担保ローンの担保として有効活用するという選択肢もあるのです。

不動産担保ローンは、担保にできる不動産を所持していなければ使用できません。その分融資上限額が大きく、高額融資を受けられる可能性も十分にあります。担保にできる不動産を所持していて高額融資を志望している方は、不動産担保ローンの活用を検討してみてはどうでしょうか。

フリーローン
常々節制して生活していても、例えば冠婚葬祭や病気・ケガなどによってとつぜんの出費があると生活が辛くなることもあります。金銭がひつようになったときにとれる手段はそれほど多くなく、家族や友人にお金を借りるという場合は多くみられます。けれども、家族や友人に迷惑をかけるのは……と悩むこともあります。そんな方にお勧めしたいのが、フリーローンです。フリーローンをうまく活用することで、急な出費にも対応することができます。

フリーローンとは
フリーローンとは、個人向けローンの一つです。ローンといえば、住み家に関係のある料金で活用できる住宅ローン、授業料や入学金など教育関係に活用できる教育ローン、車の購入などで活用できる自動車ローンなどが一般的に知られています。これらはすべて活用目的が定められていて、本来の用途以外に利用することはできません。これに対してフリーローンは、その名のとおり活用目的が「フリー」な個人向けローンです。用途が限定されていないため、さまざまな場面で利用することができます。
銀行や消費者金融のカードローンとおなじく限度額内であれば何度でも利用することができます。限度額の上限は50万円ですが、どれだけの融資ができるかは審査の結果によって変わる。また、貸金業法によって定められた総量規制があるため、借入総額が年収の3分の1を超える場合は融資を行うことができません。

フリーローンは用途が限定されないことから、いろいろな場面で利用することが可能です。一例をあげると、以下のような出来事で利用されることが多くあります。

趣味や娯楽の費用
借入金のもうしこみで最も多い資金用途は、趣味や娯楽に関するものです。おかねを借りるのは生活がくるしいからという想像もありますが、2016年に日本貸金業協会が行ったアンケートではおよそ半数の人が趣味や娯楽に利用したと回答しています。旅行などまとまった費用は必要なケースも多く、そういった場合にフリーローンが使用できます。

医療費
大きなケガをしたり、病気を患ったりすると、思いもよらない高額な医療費が必要になる事例があります。そういう事態は唐突に出現するため、突発的な出費に困ることも多いものです。そんなとき、フリーローンを活用すればまとまった資金を調達することができます。

慶弔費
結婚や葬儀では、参列するときにご祝儀や香典を用意します。こうした慶弔費はいくつか重なると思った以上におおきくなるため、フリーローンの利用を検討することもあります。

フリーローンのメリット
フリーローンには、いくつかメリットがあります。

第1に、用途が自由であるということ。住宅ローンや教育ローンなどとは異なり、フリーローンで借りたおかねは基本的にどこにつかっても問題ありません。あらゆる状況に対応することができる利便性の高さは、フリーローンの大きなメリットだといえます。

無担保・無保証人で借り入れができるというのもメリットのひとつです。例えば住宅ローンの場合、借り入れを行う際には融資の対象となる住み家および敷地が担保として設定されます。これにより、住宅ローンが返済できなかった場合には住居や土地はオークションにかけられることとなります。フリーローンでは担保も保証人も必要ないため、気軽に使用することができます。

もういっちょ、追加の借り入れが簡単であることも利点だといえます。フリーローンは返済中であっても新たに借金を行うことができるため、立て続けにmoneyが必要になった時にも安心です。

フリーローンは、さまざまな用途で活用することができる便利な借り入れ方法です。「急な出費で困った」「あと少し足りない」といった場合には、フリーローンの活用を検討してみてはどうでしょうか。



-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 急いでいるんだ! お金を貸してくれる消費者金融 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.